レッスンの日記と箱崎での有志の発表会(5/13)

いよいよ箱崎での発表会本番…の前にレッスンを入れたのでそちらでおさらいしてからの本番となりました。先週のアンサンブルの練習のあと録音した音源を聴いたら自分のBクラの音が気持ち悪く聞こえてげんなりしてました。今日は荷物が多いのに雨が降って傘まで持っていかないといけなかったのでコンディション的には最悪。それでも20年ぶりに人前でえすくらを吹くということもあり緊張した面持ちで臨みました。。。

レッスン

今日のレッスンは本番に向けて2曲とも軽く通して気になったところをもう一度見直すという形に。連符が思いのほかリラックスして吹けた感じで先生からも追い立てられてない感じがするとのこと。練習だったらまだうまくいくけど本番は何があるか分からないからなあ…Bクラへの持ち替えは違和感なし。まともな音が出てくれればよしとしよう。

有志での発表会

さて発表会。30分最初に音出しした後最後に全員で合奏する曲の合わせをすることに。今回は前で指揮することになったのでどのように進めるか非常に迷ったけど、主催者の人の手助けもありなんとか合わせ練習はうまくいった感じに。自分たちの出番は大トリ。注目された中での演奏に。問題の20年ぶりのえすくらはやや力が入ったか音が若干硬めで耳に付きやすい音になったかも。そして連符がうまくいかず…これは久々のえすくらだから仕方ないところかも。Bクラのトトロメドレーは譜めくりも含めて無難に終わったのでやはり経験の差なのかも。

さて、この発表会中にどうやら楽団のマエストロから留守電が入ってて吹奏楽コンクールのことで話があるとのこと。やっぱり出ないといけないのかなあ…個人的にいろいろと用事ができて練習に行けそうな時間も限られ、自分自身も吹奏楽コンクールに対してのモチベーションはそんなにない…どうしたらいいものか(´Д`)ハァ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください